吹き付けた場所から
"安心"が生まれる

光触媒とは光を当てることで触媒作用を示す物質の総称です。
nanoAceでは光触媒は太陽光はもちろんの事、LEDのようなわずかな光が当たるとその表面に、強い酸化分解作用が起こり、接触した有機化合物や細菌等の物質を分解し水と二酸化炭素に変化させる光触媒コーティング剤を使用してます。
また、光触媒の主成分でもある酸化チタンは昔から食品添加物、化粧品、日焼け止めクリーム、塗料など広く使われており、とても身近な存在であり安全な物質です。光のエネルギーだけで、その働きは長期的に続きます。

数字で見る🔍
超微粒子酸化チタン の力

抗ウイルス性試験

A型インフルエンザウイルス

0 %
ウイルス減少率

抗ウイルス性試験

ネコカリシウイルス
(ノロウイルスの代替)

0 %
ウイルス減少率

ガス除去性能評価試験

アンモニアガス

0 %
2時間後のガスの減少率

光触媒コーティング

nanoAceでは「吹き付けるタイプ」の超微粒子酸化チタン分散液剤ナノゾーンソリューションの施工を行なっています。水溶性の酸化チタンが光エネルギーを受け活性化、接触する有機物を酸化分解あるいは不活性化します。
一度吹き付けて乾燥させるだけで施工面がコーティングされ、抗ウイルス・抗菌・防カビ・防汚・消臭など、様々な効果を長期的に得ることが可能です。また、無色なので施工面に色味の影響が出ることもありません。

従来型との比較

従来の酸化チタン

❶ 自力で施工面に結合できないため接着剤が必要
❷ バインダーに埋もれた酸化チタンが効果を発揮できない
❸ 粒子の表面積が小さいため強い光が必要

nanoAceの酸化チタン

❶ 自力(分子間力)で施工面に結合できるので接着剤が不要
❷ 施工した全ての粒子が効果を発揮
❸ 粒子の表面積が大きいのでわずかな光で効果を発揮する

"2ナノメートル"

だからできる 接着剤なしの施工

これまでも酸化チタンを用いた「光触媒」による殺菌・消臭・防汚染技術は知られていましたが、今ひとつ普及できなかったのは、「粒子径が大きい」という特徴があったためです。従来型の1/50(2ナノメートル)という小さな粒子にすることに成功し、いままでとまったく違う光触媒コーティングが生まれました。プライマーなどのバインダーが要らない為、大幅な作業効率アップを実現。さらに、粒子自体が密着している為、大幅に効果を上昇することができました。

施工実績

こんなところで利用されています

安全で場所を選ばず、短時間で施工できるため、
休業日や夜間でも工事が出来、業務や生活に支障をきたしません。

  • All
  • 店舗
  • レジャー
  • 車両
  • 医療・介護施設
  • 住宅

News

nanoAce Vietnamにて光触媒マスク製造

および日本国内での販売を開始しました

持ち込み抗菌ステーション

nanoAce KIOSK 渋谷店オープンしました。

10月5日付の物流weeklyに

記事が掲載されました。

7月20日付の新聞に

記事が掲載されました。

6月27日付の新聞に

記事が掲載されました。

お問い合わせ

現在、代理店の募集は行っておりません。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
件名(必須)
電話番号(必須)
お問い合わせ内容(必須)

スパムメール防止のため、こちらのボックスにチェックを入れてから送信してください。

© nanoAce. All rights reserved.